コサージュ cobaco|山梨県甲府市の雑貨店cobaco

 

Somebana

全て手作業で仕上げる染花(そめばな)コサージュ。
布のカットから、染め上げ、コテをあて、花のパーツが出来たらアレンジしていく過程を経て、1つの作品になります。 地道な作業ではありますが、仕上がった時は自然と笑顔になれます。 Cobacoの教室では、生徒さんたちにもその感動を感じてもらいたい、想いでいます。 染花コサージュは100年以上もち、アンティークとしても価値のあるものと言えます。

Cobaco

箱を開ける瞬間ってウキウキしませんか?
丸い箱、四角い箱、色々ありますが、どれもこれもが可愛い。 コサージュを箱に入れ、購入された方も、プレゼントされた方も、もちろん作った作品でも、フタを開ける時の笑顔が浮かびます。そんな箱の存在が、ずーっと好きです。その中でも小さい箱が好きという事もありコバコとネーミングしました。 オリジナリティーな箱を提案していきたいと思います。

Owner

田中とし江;オーナー兼染め花デザイナー
1988年 デザイン関係の仕事をしながら、染め花コサージュ、ブーケの製作をはじめる。
1997年 アトリエ花染として経験を積み、一点物の作品をテーマに教室を始める。
2008年 ショップcobacoを設立

Feature